レディ

毎日のスキンケアでシミ対策をして美白を目指そう

潤いをチャージ

レディ

ダブル使い

化粧のりが悪い最大の原因は水分不足で、一般的にファンデーションは化粧品に含まれる油分が肌の水分と皮脂に馴染むことで密着しています。水分が不足することで肌馴染みが低下し、化粧のりの悪さに繋がります。乾燥肌対策1つで化粧映えする顔立ちに仕上げることができるため、実践すべき乾燥肌対策としては保湿性の高い化粧水を浸透させる基本のケアが効果的です。水分を存分に補給し、角層のモイスチュアバランスを整えたら、さらに対策として優れた保湿力を誇るミルクとクリームを重ねて潤いを閉じ込めます。肌は夜、睡眠中にターンオーバーが活発になるため、夜の乾燥肌対策で翌日の化粧のりも実感できます。また、天然保湿因子を配合している化粧水をスプレーボトルに移し、メークの上から日中もこまめに水分補給させることもテクニックの1つです。

約2倍の馴染み

乾燥肌対策としてケアに有効的な季節は秋口で、夏の間に受けた紫外線ダメージや寒暖差による刺激など、肌のバリア機能が損なわれることがあるために重要視したい季節です。そのままでは水分保持が上手くいかず、乾燥肌へと質感が変化し、肌荒れも起こしやすくなります。保湿化粧品はもちろん必要なアイテムですが、集中ケアで肌のベストバランスを取り戻したり、立て直す対策が健康美を意識する女性の間で評価されています。乾燥が待つ冬へとスムーズに移行するためには、機能性の高い保湿化粧品での短期ケアが人気を集めています。潤い洗顔もポイントで、汚れを落とすだけではなく、肌の透明感を出し、後につける化粧水の馴染みを約2倍高めてくれるため評価されている対策です。また保湿で人気なのはプラセンタや刺激が少ない甘草誘導体といった保湿成分で、肌の活力を引き出すことができ、スキンケアラインで乾燥肌の小じわ目立ちも感じにくくさせられると評判です。